住まいにより確かな安心を 耐震+制振 名鉄不動産の家は、【耐震最高等級3】と【制振ダンパー】のダブルで守る、地震に強い家。

耐震+制振で住まいを守る、
地震に強い安心と信頼の家づくり。

地震大国・日本において、大切な家族の暮らしを、将来にわたって確実に守り続けていくために。
名鉄不動産のM’sグランデシリーズは世界品質の制振装置[evoltz] を愛知県内の分譲住宅として初めて標準装備しました。
1949年の設立以来、全国で25,000区画をこえる豊富な実績とノウハウを活かし、[耐震+制振]の地震に強い家づくりを進めることが我々の使命だと考えます。

制振擬似体験

制振ダンパーで揺れが抑えられる様子を、動画でご覧いただけます。

体験したお客様の感想

家族を地震から守る確かな備え。
制振ダンパーによる
揺れの違いを実感。

家が倒壊しないことも大事だけれど、
家族の安全はもっと大事。

地震に強い安心な家であることがマイホーム選びの第一条件だったので、制振ダンパーevoltzの効果を体感できたのはとても良い経験でした。最初は半信半疑で振動体感をしたのですが、あまりの効果にびっくりすると同時に、地震の揺れに耐える&吸収する[耐震+制振の家づくり]の重要性を新たに実感しました。

耐震性だけでなく制振までしっかり考えられた
家づくりに共感を持てました。

震度3程度の揺れが[制振ダンパーevoltz]がある場合、ない場合でどれくらい軽減するのかを体験しましたが、その違いははっきりと感じました。余震による連続した揺れによる危険や家具が倒れてくる不安にもしっかり対応している名鉄不動産の確かな家づくりに共感できたことが大きかったですね。

名鉄不動産の家は、耐震等級が
最高等級の3等級

  • 1.0倍

    一般住宅

  • 1.25倍

    学校・公民館クラス

  • 1.5倍の
    地震でも大丈夫

    病院・消防署クラス

「耐震等級3」は国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級。建築基準法では、
極めてまれに発生する大地震(震度6強~7程度の地震)でも倒壊しない程度の耐震性(等級1)が求められますが、
名鉄不動産の家が取得している「耐震等級3」は、等級1に対して1.5倍の耐震性を実現。消防署や警察署など災害時の拠点となる建物の
基準に相当する耐震性を確保しました。

愛知県初・分譲住宅で制振ダンパー[evoltz]を標準装備

制振ダンパーevoltzは、制振装置メーカー「千博産業㈱」と世界的自動車パーツメーカー・ドイツ「BILSTEIN」社との
コラボレーションにより開発された、木造住宅用制振ダンパーです。自動車などで利用されているショックアブソーバーの原理をベースに、
木造住宅用の制振装置としての工夫を加え、より高性能・高品質な制振ダンパーを実現しました。(特許取得済)

より速く、より大きく地震の衝撃を吸収し、
住宅と人命を守る!

特徴
❶千博産業が企画・開発し、その製造をビルシュタイン社(独)に委託した、
ガス封入式のオイルダンパー。(他社製品はゴム・樹脂など粘弾性系の製品が多い)
❷①に藤壺技研製のテクニカルブレースを連結することで、より高い反応性と、
より大きいエネルギー吸収性を実現。
❸極めて小さな揺れから最大限の減衰力を発揮。
建物にダメージを与えないよう減衰力を頭打ちにする「バイリニア特性」を持つ(特許取得済)。
❹近年の木造住宅の「高い耐震性」をより長く保持させる能力(耐力保持力)を実験で検証。
❺高耐久性を保持し、繰り返しの余震にも確実に対応。
❻全棟に限界耐力計算を実施、最大効果・最適配置を行う。
  • evoltz L220はコンパクトで新築、
    リフォーム、耐震改修にも対応。

  • 2階建ての場合、1階の柱の部分に設置

他のどの制振装置よりも
「速く・強く・効く」ことが
evoltz L220最大の特徴です!!

バイリニア特性を持つ木造住宅用
制振装置として特許取得済み

「速く・強く・効く」ことが、
住宅にとって大切な理由!!

揺れ幅が15mm(1/200rad)の時に
何が起こるのか?

地震発生時、壁の内部ではこのような「破壊」が進んでいきます。
家をより「長寿命」にするため、破壊が起こる手前で「減衰」させます。